畠山会長ご挨拶と乾杯

中華人民共和国建国以来初めてという「覇王級」の寒波が中国全土に押し寄せ、南国広州でも雪になろうかという冷たい雨の降る中、1月23日(土)に花園酒店にて恒例の「広州日本人新年会」が開催されました。宴会の様子

 

 

この新年会は、広州にいながら日本の正月気分を楽しんで頂こうとの趣旨で、毎年、在広州日本国総領事館と広州日本商工会とが共催で行っています。今年は荒天のため例年よりやや少なめとなりましたが、ご家族、お子様連れを中心に約500人の方々に参加頂きました。

 

 ヨーヨー釣り 餅つき  糖画
 ダンス1  ダンス2  楽器演奏

会は二部構成で行われ、前半のプレオープンでは、お子様に人気の「綿飴」「糖画」「ヨーヨー釣り」等の縁日に加え、「餅つき」の実演、そして一般参加によるステージでの「ダンス」と「楽器演奏」の披露が行われました。

後半の宴会では、リクルートの竹内さん、JTBの高橋さんお二方の司会進行で、齋藤総領事のご挨拶に始まり、日本人学校への寄付贈呈、鏡開き、畠山会長の乾杯ご発声と進行しました。

 斎藤総領事開会ご挨拶  寄付贈呈
 鏡開き  畠山会長ご挨拶と乾杯

その後しばらくビュッフェの食事と歓談を楽しんで頂くうちに、アトラクションタイムとなりました。今年のアトラクションは民族音楽バンド「国楽芬芳」による中国の伝統楽器演奏です。5人のアーティストがそれぞれ二胡、琵琶、古筝、揚琴、笛子を担当し、合奏と独奏で10曲を演奏しました。ソロでも活躍している演奏家たちの卓越した技巧と美しい音色を堪能頂きました。

IMG_0947そのあとは、皆さんお待ちかねの「ラッキードロー抽選会」です。協賛企業各社からご提供頂いた数々の豪華賞品が、干支の名前の付いた各賞として次々に当たります。当選番号が呼ばれるために、あちこちで歓喜の声と落胆のため息が交錯し、会場の盛り上がりはピークに達しました。今年は多くのお酒を頂いたので「大トラ賞」を特設した他、「金ザル賞」として海外往復航空券が5名様など、例年以上の大盤振る舞いとなりました。

時間を延長しての抽選会の興奮冷めやらぬ中、最後は、都倉副会長の中締め、そして学生服と角帽で身を固めた佐藤副領事のエールにてお開きとなりました。

 t 都倉副会長ご挨拶

今年は60年に一度の丙申(ひのえさる)年。波乱とともに大いなる変革を予感させる新年会となりました。「申」は「伸」に通じます。新年会にご参加された皆様、広州でお暮しの皆様にとって、本年が発展と伸長の年でありますように!

最後になりましたが、今年も多くの方々よりご協力、ご高配を賜りました。会の準備、運営を支えて下さったサポーターの皆様、ラッキードロー抽選会に多くの賞品をご提供頂きました協賛企業各位、お忙しい中司会の重責を担って下さった竹内さん&高橋さん、そして数か月亘ってご無理をお掛けした商工会事務所の方々、役員・領事館各位。本当に有難うございました。この場を借りまして心より感謝申し上げます。

第二生活部 藤川敬直