在広州日本総領事館と広州日本商工会との共催により、本年度も「広州講演キャラバン」をこれまで3回開催しました。
「広州講演キャラバン」は、日本の企業文化紹介を主なテーマとしつつ、日本の経済・文化に対する、日本語学科学生の皆様の理解と関心を深めてもらうことを目的として、2004年11月に開始されました。現在は、広州地域にある大学を対象に、日系企業の方々等による学生への講演を、キャラバン隊のように年6回程度開催しています。

本年度講演キャラバンの第1回目は、5月27日に広東工業大学で開催され、同校日本語科の学生約70人が受講しました。今回は外口栄一商社分科会長(広州伊藤忠商事有限公司総経理)が、伊藤忠の自社業務の展開を説明しながら、「日本の総合商社について その変遷と、現在・未来」というテーマで講演しました。
外口総経理は中国での留学経験があり、中国語の自己紹介では会場の雰囲気が大いに盛り上がりました。その後、「バリューチェーン」を中心に、日本の総合商社についていろいろお話をいただきました。また、同社広工大卒の王日聰様より日系企業勤務の経験や心得についてお話をいただきました。講演後、学生達から未来の進路など様々な質問が寄せられ、熱心なコミュニケーションが行われました。

 DSC04570  DSC04564

 

 DSC04567  DSC04573_副本  DSC04558

 

第2回目の講演キャラバンは、6月3日に中山大学にて開催されました。講師に田中秀和副会長(三菱商事(広州)有限公司総経理)を迎え、同校日本語学科学部3年生、大学院1年生約20名が受講しました。
三菱商事の歴史や中国との関わりをはじめとする「MC中国における人材の育成・活用」のテーマとして講演を行いました。また、三菱商事の人材戦略とCSR活動についても詳しく解説いただきました。講演後は、同社中大卒の張月華様より就職・採用活動に関して学生の皆さんが関心を寄せる質問に対し、色々と答え交流されました。

 DSC04597  DSC04636
 DSC04596  DSC04644  DSC04641

第3回目は6月7日に広州大学で開催され、同校日本語科1~3年生約110名が受講しました。講師は日本貿易振興機構(ジェトロ)広州代表処の天野真也所長を迎え、「中日(広東省)双方向の貿易投資および日系企業の状況」をテーマとする講演が行われました。広東省における日系企業の動向、日中(広東省)双方向の貿易投資状況ついて詳しく解説いただきました。その後、外国人向けのアンケート調査のビデオを放映しながら日本の食文化、日系食品関連企業の概況も説明いただきました。講演後、好奇心旺盛な学生達から質問があり、講師と熱心に話し込んでいました。

 DSC04649  DSC04652
 DSC04651  DSC04656  DSC04655

今年度の「広州講演キャラバン」は、秋以降も開催を予定しています。総領事館及び日本商工会は、今後とも広州講演キャラバンの実施等を通じて、日本及び日系企業への理解や関心を高めるための活動を行ってまいります。今後とも皆様のご協力をお願いいたします。