title2

連載第38回(2016.8掲載)

紹介

ドア

【楓月】

  • 越秀区華楽路青龍坊117号广怡大厦の斜め向こう側 (中原地産の隣)
  • 電話番号:020-8388-3321
  • 営業時間:11:00~14:00 17:30~22:30

 

メニュー

 おつまみ  刺身  寿司
 楓月おつまみ三点盛り  刺身五点盛り  寿司盛りあわせ
つけもの、たこわさ、にんにくの醤油煮の三点の盛り合わせ、にんにくの醤油煮は日本から取り寄せているとのこと、にんにくのにおいもきつくなく上品な味でした。  はまち、サーモン、たこ、ほっき貝、あわびの5点盛り、残念ながらマグロはありませんでしたが(7月に珠江新城にできた姉妹店では食べられるそうです。)厚みのある食べ応えのある刺身盛りでした。  サーモン、タコ、イカ、はまち、ほっき貝5種類10貫の盛り合わせ、刺身盛りと種類が被ってしまうのは残念ですが、こちらも厚みのある食べ応えのある盛り合わせでした。
 楓月サラダ  明太子出し巻き  とんぺい焼き
 楓月サラダ  明太子出し巻き  とんぺい焼き
 お店の名前がついたサラダ、揚げたジャコが乗っています。日本から取り寄せている甘辛いドレッシングが効いておいしかったです。  日本人のみならず中国の方にも人気がある一品とのこと。やさしい味で人気があるのもうなずけます。出し巻きにマヨネーズが添えられているのは初めてでしたが、明太子が出し巻き卵に入っているのでマヨネーズもあいました。  炒めた豚肉や野菜はたまごに包まれ、その上に千切りネギとマヨネーズをかけ、ほっくりとして美味しかったです。
 トンカツ  タンシチュー  ホタテとマッシュルーム醤油バター焼き
 上ロースカツ  タンシチュー  ホタテとマッシュルーム醤油バター焼き
 店長いちおしの品。 黒豚をつかった厚みのあるロースカツです。厚みはあるのですがやわらかく、今回の一番人気でした。  ハンバーグと並び人気の品ということでした。厚切りのタンをホールトマトをベースにしたシチューで煮込みます。  贅沢にホタテがふんだんに入っています。
 しまほっけ  味噌汁
 しまほっけ  味噌汁
 肉厚のあるしまほっけ、店長いわくこれでもきょうは小ぶりだとのこと。  わかめとあさりの具の入った味噌汁。鰹節でしっかりダシをとった味噌汁。食事の最後にいただいて日本を感じました。

インタビュー

マネジャーと料理長この度、ガーデンホテルの近くにある日本料理屋――「楓月」にお邪魔しました!35人ぐらい収容できる居酒屋風のお店です。店に入ると、ボトルキープが目に入りました。常連客がいっぱい集まっているようです。店員さんが元気な声で挨拶して案内してくれました。落ち着く雰囲気が漂っている店ですね。

さて、インタビューの本番に入りましょう!本日はマネジャーの楊美玉さんにお時間をいただいて取材しました。

 

Q:一押しの料理は何でしょうか。
A:お勧め料理は楓月サラダ、トンカツ、ハンバーグなどがあります。

Q:客層はどんな感じですか。
A:日本人と中国人は半分ずつです。
Q:家族連れのお客様はいらっしゃいますか。
A:家族連れは少ないですね。ほとんどはこのあたりのサラリーマンです。

Q:お店にはランチも提供していますか。
A:ええ、そうです。
Q:値段はいくらですか。
A:値段は45元~88元程度です。

Q:料理長の出身はどこですか。
A:韶関です。料理長は日本の料理人の下で日本料理の調理法を10年以上勉強しました。

Q:食材はどこから仕入れしていらっしゃるのですか。
A:半分は日本から輸入して、半分は中国で購入します。例えば、味噌などの調味料は輸入品です。サーモンなどの魚介類は広州一番大きな海鮮市場――黄沙から購入します。もちろん、日本から輸入したものもあります。

Q:メニューは季節によって変わりますか。
A:はい。お勧めは週に一回変わります。

Q:ほかの日本料理屋には、「タンシチュー」のような料理はあんまりないですね。どこの牛タンですか。
A:ブラジルの牛タンです。
Q:なるほど。なかなかいい味ですね。どのように味付けしますか。
A:日本から輸入したホールトマトで味付けします。

Q:お店のこだわりを教えてくださいませんか。
A:日本人の口に合わせ、本場の日本料理をお客様に提供したいです。

確かに、どの料理も忠実に日本の味を伝えていましたね。また、珠江新城にある姉妹店「楓月花坊」は、面積がより広く、料理の種類もより豊富だそうです!本格的な日本料理を味わいたい方、楓月へどうぞ!

[広州日本商工会][食人も広州にあり]